コインインフォメーション

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)の特徴と購入できる取引所

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)の特徴

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)は、通貨単位がTNBで記され、2017年11月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は55億4187万7892枚です。

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)は、個人の時間を適切に価値付けて売買する、M.I.T(Miao’A International Timechain)というプラットフォーム上で使われる仮想通貨で、ブロックチェーン技術を用いることで個人の時間を中立・公正に価値付けして取引きすることを目指しています。TNBはイーサリアムベースになります。開発拠点はシンガポールです。

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ M.I.T (Miao’A International Timechain)
M.I.Tは、時間を商品として取引するための発行市場(一次市場)、第二次流通市場、第三次流通市場の3つのマーケットから構成されたネットワークで、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームサービスです。
このプラットフォームの基礎となる標準システムには以下の3点の特徴と仕組みがあります。
●科学的かつシステマチックな分析モデルの採用
●個人の時間を売買できる分散型の売買ネットワークを利用
●時間の売り手がどれくらい認識され、どれくらい必要とされるかを適切に時間価値に反映

◯ Time New Bank
Time New Bankは、個人の時間価値をより正確に表し、時間を求める需要者と提供する供給者を効率よくマッチングします。
従いましてTNBは、M.I.Tのエコシステム内で、価値を伝送する媒体として機能します。

プラットフォームの基礎としてのブロックチェーン技術の活用は、分散化や国際化、柔軟な支払い、透明な価格設定、権利やPoS(Proof of Stake)コンセンサスアルゴリズムから構成され、個人の時間の売買ネットワークの構築を目指しています。

時間の買い手は、M.I.Tのプラットフォーム上でポジションを取り、時間の売り手から必要な時間を購入することができます。
取引が成立した後に、時間の買い手はその時間を利用したり、第ニ次流通市場に時間を送ることもできます。
投資家は第三次流通市場を通して、商品に投資することもできます。

日本にも「Timebank」アプリがあり、経営者やアスリート、俳優、モデル、芸人、タレント、クリエイターなどの時間の売買をしていますが、こちらのM.I.T及びTime New Bankはブロックチェーンを利用して、P2Pで取引きができます。

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)の将来性は?

【タイムニューバンク・TNB】リアルタイム価格

M.I.Tは、今年2月にトランプ大統領と夕食会があるとツイートしたらしくその後どうなったのでしょうか。

M.I.TとTime New Bankのサービスは、先ずは、やはりどれだけ時流に乗ったある程度著名人達を召喚できるかにかかっていると思います。超一流から一流はスケジュール過密でしょうから、準一流から二流くらいでしょうか。若しくは、今後はもっとローカルに盛り上がっていくと良いと思います。

Time New Bankの最新動向は、公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Time New Bank(タイムニューバンク・TNB)が買える取引所は?

タイムニューバンク・TNBは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでタイムニューバンク・TNBを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る