コインインフォメーション

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)の特徴と購入できる取引所

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)の特徴

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)は、通貨単位がTUSDで記され、2018年3月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1199万8508枚です。

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)は、 1TUSD=1USD(米ドル)となるように価格が連動する法定通貨USDの価値に固定されたイーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用したペッグコインです。ステーブルコインとも呼ばれています。TUSDはERC20規格です。

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ TrueUSDの仕組み
TrueUSDシステムでは、単一の会社が管理する銀行口座ではなく、エスクロー契約を結んでいる複数の信託会社の銀行口座に米ドルが保有されています。ユーザーが法定通貨をこのエスクロー契約している信託銀行に預けると、同額のTUSDが発行される仕組みです。
このエスクロー口座の内容は、毎月の証明書を発行する独立した第三者の会計士によって検証されています。

従いまして、既存のドルがデジタル資産に転換されますので、逆にTUSDを出金して法定通貨に換金すると、同等の金額のTUSDは消滅しますので、入金された金額と流通するTUSDの時価総額は比例する仕組みになっています。

銀行やATMの利用時間等に制限されることなく、仲介手数料や企業間、国際間の送金手数料も発生することがなく、ブロックチェーン上で安全かつ迅速に取引きすることができます。

◯ 複数の信託銀行
TrueUSDは、ある1社のみの特定の会社や組織だけが価格保証をするのではなく、エスクロー契約した複数の信託銀行によって支えられています。
また、スマートコントラクトによって安全に自動化されていますので銀行が不正や改ざんをすることは不可能になっています。

そして、米ドルと連動しているペッグ通貨の役割を持つ仮想通貨は他にもTetherのUSDTやNubit、BitUSDなどがありますが、Nubitは破綻し、USDTは発行量と保有する米ドル量が本当に一致しているのかと疑問や懸念が出ています。

取引所Bittrexは、TUSDを次のように評価しています。
Fully Collateralized(完全に担保されている)
Redeemable for USD(いつでもUSDに換算可能)
Regular Attestations(定期的な証明)

◯ TUSDの応用例
例えば、ある仮想通貨を購入した後に日本円建てで価値が下落した場合などに、避難先としてTUSDで米ドル価格での利益確定ができるでしょう。

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)の将来性は?

【トゥルーUSD・TUSD】リアルタイム価格

TrueUSDの開発・発行はTrustToken社で、2017年米国カリフォルニア州で設立されました。

TrueUSDのロードマップによりますと、今後は例えばTrueEuroやTrueGoldといったペッグ通貨の発行も開発していくとのことです。

TrueUSDの最新情報はTrustTokenの公式Twitterをチェックするといいでしょう。

TrueUSD(トゥルーUSD・TUSD)が買える取引所は?

トゥルーUSD・TUSDは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでトゥルーUSD・TUSDを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る