コインインフォメーション

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)の特徴と購入できる取引所

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)の特徴

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)は、先日2018年6月30日にメインネットが公開されましたので、元のVeChain(ヴィチェーン・VEN)から移行されました。通貨単位がVETで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、8億6700万枚です。

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)は、イーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクト、及びIoT技術を利用して、ブランド品や医療品、食品などの商品の真贋判定を行ない、商品追跡を行うプラットフォームです。
中国のBitSE社が開発と運営を行なっており、チームには元中国Louis VuittonのCIOなどが在籍しています。

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ IoTと企業向けDApps、ICOプラットフォーム
VeChainThorは、NFCチップやQRコードとRFID(無線機通信)によって様々な商品や部品と通信を行なって、これらのIoTデバイスが埋め込まれている商品の情報を追跡したり管理したりできるDAppsをブロックチェーン上で作ります。

この技術によって、ブランド品の真贋判定や商品追跡、在庫管理をはじめ、農業農薬、医療医薬品、自動車、酒類など多岐にわたる商品や部品の追跡管理を目指しています。

背景として、中国や中東などにおける偽物ブランド商品の流通や粗悪な農薬の流通などがあります。

◯ VETトークンとVeThorトークン
1万VET以上の保有者は、マスターノードを建てられます。保有量に応じて報酬などを階級制としており、1万から5万未満が「ストレングスノード」、5万から15万未満が「サンダーノード」、15万以上が「ムジョルニアノード」と呼ばれます。

VeThorトークンは、ネットワーク内で利用される手数料で、NEOにおけるGASと同様な存在です。

◯ 中国経済特区と提携
VeChainThorは、中国の経済特区Gui’an(贵安新区)と提携しており、VeChainThorが提供するシステムで電子政府システムやビジネスにまつわる登録、証明書、銀行などの関連文書などを管理するためのテストが行われたりしています。

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)の将来性は?

【ヴィチェーンソール・VET】リアルタイム価格(旧シンボルVEN)

VeChainThorは、DNV GL(世界最大級の認証サービス会社)、PwC(国際的コンサルティング会社)、NRCC(中国最大級のコンサルティング会社)、BitOcean(日本のスタートアップ)などとも提携しております。

VeChainThorのロードマップによりますと、2018年第4四半期に、VeChainThorネットワーク上での経済圏の構築としており、これまで着実に進んで来ています。
特に、農業や食品、医薬品など根底の経済活動にVeChainThorのシステムが浸透していくことを期待したいと思いました。

VeChainThorの今後の動向や開発進捗、提携ニュースはVeChainの公式Twitterをチェックするといいでしょう。

なお、類似のプラットフォームとして、
IBMのWatson IoTプラットフォーム、韓国のWalton(WTC)、アンブロサス(AMB)モダム(MOD)などがあります。

VeChainThor(ヴィチェーンソール・VET)が買える取引所は?

ヴィチェーンソール・VETは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでヴィチェーンソール・VETを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る