コインインフォメーション

Verge(ヴァージ・XVG)の特徴と購入できる取引所

Verge(ヴァージ・XVG)の特徴

Verge(ヴァージ・XVG)は、通貨単位がXVGで記され、2014年10月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、165億5500万枚です。

Verge(ヴァージ・XVG)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Verge(ヴァージ・XVG)は、匿名取引きと公開取引きを切り替えることができる、匿名性を重視した仮想通貨で、直接取引と迅速なトランザクション処理を目指しています。

Verge(ヴァージ・XVG)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Tor
Torは、The Onion Routerの略で、3つのネットワーク協力者のリレーサーバーを経由させて、各リレーサーバを通るたびにデータの暗号化を行い、通信の経路を匿名化して、どのIPアドレスから通信が行われたかをわからなくする方法です。
タマネギの層のようにオリジナルデータを暗号層で包む様子から、オニオンルーターとネーミングされています。

◯ i2P
i2Pは、The Invisible Internet Projectの略で、通信の始点と終点を匿名化する方法です。
複数のクライアントからインバウンドとアウトバウンドトンネルと呼ばれる経路を複数本構築して、その通信経路を通して、ネットワークに通信することで、どのIPからどのIPへ通信を行ったかがわかりにくくなります。発信元だけでなく、発信先のサービス提供者のIPも匿名化されます。
ただi2Pは、一般的に通信速度が遅くなりやすいです。

◯ Wraith Protocol(レイスプロトコル)
Wraith Protocolは、Vergeの通信を非公開にするか公開にするかをVergeのウォレット上で簡単に切り替えできる技術です。
取引データは、非公開のプライベート台帳と公開のオープン台帳に分けて記載され、プライベート台帳で記載された場合にはブロックチェーンエクスプローラには表示されません。状況に応じて使い分けることができます。
なお、公開にしていてもTorでIPアドレスは匿名の状態を保っています。

◯ 発行上限が多い
Vergeでは発行上限165億以上として、一部のコミュニティがXVGを大量に保有して市場操作を行うリスクを避けるとしています。

Verge(ヴァージ・XVG)の将来性は?

【ヴァージ・XVG】リアルタイム価格

今年2018年4月に、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」(カナダ)でVerge(XVG)は新しい決済方法として採用されました。

また、その直前にVergeはハッキングされて25万XVGが盗まれました。更に5月中旬にも2億円弱相当がハッキングされたにも関わらず、VergeやVergeの熱狂的なコミュニティは比較的楽観的なリアクションだったために業界界隈からはかなりバッシングを受けており、コードの脆弱性を指摘されています。

Vergeの最新情報は公式Twitterでチェックすることができます。

Verge(ヴァージ・XVG)が買える取引所は?

ヴァージ・XVGは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでヴァージ・XVGを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る