コインインフォメーション

Viberate (ヴァイブレート・VIB)の特徴と購入できる取引所

Viberate (ヴァイブレート・VIB)の特徴

Viberate (ヴァイブレート・VIB)は、通貨単位がVIBで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2億枚です。

Viberate (ヴァイブレート・VIB)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Viberate (ヴァイブレート・VIB)は、音楽のライブを通じたアーティストとイベンターのマッチングを目指しており、イーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用したプラットフォームです。VIBはERC20規格です。開発拠点はスロベニアです。

Viberate (ヴァイブレート・VIB)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 無名アーティストへチャンス
Vibrateは、まだ無名なインディーズと呼ばれるようなアーティストやミュージシャンと開催予定のライブコンサートやフェスなどのイベントとブッキングエージェントなどの仲介人を、ブロックチェーンを活かして発見と予約のプロセスを分散させることでマッチングさせて、アーティストに平等なチャンスを与えるエコシステムです。

これまでは、資金力の無い無名なアーティストが、仲介料を支払ってライブやフェスなどのイベントに参加する必要がありました。

◯ プロフィール広告とチケット販売
Vibrateでは、アーティストが広告料を支払うことで、アーティストのプロフィール広告をイベント開催者の目に止まるように打つことができます。
スマートコントラクトによって、広告の表示場所や大きさ、表示方法、表示期間などが決済できます。

また、Viberateでは手数料を支払うことで、スマートコントラクトを利用した電子チケットを発行することができますので、チケット販売もできます。

◯ Viberateのコンセプト
Viberateが目指しているのは、
●ライブ情報の宣伝や告知の効率化によるイベントへの集客
● 新人アーティストの、世界中に散らばっているまだ少数ファンへのグッズ販売
● 新人アーティストは、上記収益の確保をする事で今後のコンテンツ制作の環境を整えることができます。

Viberate (ヴァイブレート・VIB)の将来性は?

【ヴァイブレート・VIB】リアルタイム価格(旧シンボルVEN)

Viberateに登録されているアーティストは15万人以上、ライブ会場は6万以上、イベント数は50万以上、エージェンシーは2,000人以上でデータベースを構築しています。
また、Live Nation(国際的イベント主催者)やフランスのAllo Floride(アーティストDB)と協力関係です。

Viberateのロードマップによりますと、
今年2018年には、
チケット販売プラットフォームの統合
ビジネスと予約プラットフォームの開始
2019年には、
拡張ブロックチェーン機能の統合
グローバルマーケティング、PR、セールスキャンペーン
とのことです。

Viberateは、非常にニッチで明瞭な目的があるプラットフォームだと思います。
Viberateの公式Twitterで、最新動向や開発進捗状況、提携ニュースなどをチェックするといいでしょう。

Viberate (ヴァイブレート・VIB)が買える取引所は?

ヴァイブレート・VIBは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでヴァイブレート・VIBを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る