コインインフォメーション

WaBi(ワビ・WABI)の特徴と購入できる取引所

WaBi(ワビ・WABI)の特徴

WaBi(ワビ・WABI)は、通貨単位がWABIで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、9920万枚です。

WaBi(ワビ・WABI)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

WaBi(ワビ・WABI)は、中国のWalimaiという、商品に通信技術を持つラベルを付けることで生産から流通における安全性を保障するサービスで利用される仮想通貨です。WABIはERC20規格です。WaBiは中国語のWa(カエル)とBi(通貨)に由来します。
開発拠点はシンガポールです。

WaBi(ワビ・WABI)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Walimai
Walimaiは2013年から、中国を中心に世界各国で偽造品の撲滅を目指しており、商品認証を行う技術を開発して再使用ができないRFIDラベルを活用した商品認証システムを提供しています。

Walimaiラベルには生産地や移動経路などの暗号化された商品ID情報が付与されており、生産工場から製品に貼り付けられ、ダイナミックコード技術によりスキャンされるたびに情報が更新されます。
また、ラベルは安全性を考慮して、丈夫で剥がれにくいですが、破れたり壊れやすい素材を使うことによって不正行為や改ざんを防止しています。
既に、2015年から運用され始めて乳幼児用品のメーカーなどにも導入されています。

消費者はWalimaiのアプリ(iOS、Android用2016年から)でラベルを読み込むと商品IDの認識と認証の結果をスマートフォンで確認することができます。

◯ WaBiPay(WABIトークン)
WABIトークンは、商品に付いているWalimaiラベルを見ただけで安心してしまう消費者やユーザーのために開発されました。
本来、消費者もスマートフォンでラベルを読み取ることによって、ID情報が更新されます。

WABIトークンには以下の役割があります。

● 商品のメーカーや販売元はWalimaiを利用する際、WABIを支払います。

● 消費者はWalimaiで商品を購入するためにWABIを支払います。

● ラベルをスキャンする事でWABIを受け取ります。また、商品購入や商品をアフィリエイトする事でもWABIを受け取ります。

● 仮想通貨取引所での売買ができます。

WaBi(ワビ・WABI)の将来性は?

【ワビ・WABI】リアルタイム価格

WaBiの運営元のWalimai設立の背景には、世界的な偽造品の問題があります。特に中国では2004年に偽造ミルクを飲んだ60人以上の赤ちゃんの命が奪われたり、WHO(世界保健機構)はアフリカの医薬品の30%は効果に疑問がある偽造品であると発表しています。

ナイジェリアの医薬品の60%以上が効果がない偽造品であるとされています。

元々認証システムは非常にコストがかかるために、高価な貴金属やダイヤモンド用でしたが、Walimaiは医薬品や乳幼児製品、酒類などの日用品の認証に向けてコストダウンした技術を開発しています。

WaBiのロードマップによりますと、
今年2018年9月に、
Walimai製品販売のプラットフォーム立上げを目指します。
12月中に、
Walimaiの認証システムを100都市、1000店舗での普及を目指します。
中南米、東南アジア、ヨーロッパで販売をスタートします。
とのことです。

WaBi及びWalimai共通の公式Twitterで、開発進捗や最新動向をチェックするといいでしょう。

なお、類似のプロジェクトとして、アンブロサス(AMB)、モダム(MOD)、ヴィチェーンソール(VET)、Walton (WTC)などがあります。

WaBi(ワビ・WABI)が買える取引所は?

ワビ・WABIは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでワビ・WABIを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る