コインインフォメーション

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の特徴と購入できる取引所

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の特徴

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)は、通貨単位がZECで記され、2016年10月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2100万枚です。

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)は、ゼロ知識証明を利用した匿名性に特化した仮想通貨で、2017年5月にJPモルガン銀行と提携したことでも有名です。開発拠点は米国ニューヨークです。

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Zcashの背景
Zcashは、ユーザーに経済的な自由と機会を提供して力付けることを目指して、最善策としてオンライン決済を全て匿名化して情報漏洩を防ぎ、プライバシーを守ります。ビットコインでは、匿名性に関して不足している部分がありました。

◯ シールドトランザクション
Zcashでは、zで始まる「シールドアドレス」という特殊なアドレスを使用したシールドトランザクションを採用しています。これにより、「アドレスAからアドレスBにいくら送金した」という情報が、第三者に隠された状態で取引(トランザクション)をすることが可能です。シールドアドレス同士のトランザクションの情報は暗号化された状態でブロックチェーンで管理されています。
この公開されていないトランザクションでも、第三者がそのトランザクションの正当性を承認できるように、Zcashではゼロ知識証明が利用されています。

また、tから始まる「トランスペアレントアドレス」同士のトランザクションはビットコインと同様に、公開されてブロックチェーン上に載せることもできます。

◯ zk-SNARKs(Zero-Knowledge-Succinct Non-Interactive Arguments of Knowledge)
Zcashが誇るゼロ知識証明を利用した承認システムが、zk-SNARKsです。
ゼロ知識証明とは、例えばAさんがBさんに、Cという事実の中身や他の一切の知識を伝える事なくCという事実を証明する事です。
例えば、「AさんがCという合言葉を知っているからDという扉が開く」とします。隣にはEという扉もあります。1回や2回試しただけでは、Aさんは偶然にも確率は1/2か1/4なのでDの扉の前に行き開けることができるかも知れません。従って、数十回繰り返します。そうすることによってAさんが1度も間違えなければ、Bさんに合言葉を知っているからだと証明・信用させることができ、合言葉を知らない確率が限りなくゼロに近づくということです。

Zcashでは、このzk-SNARKsで利用している証明鍵という特殊なKeyを活用し、およそ40秒ほどで前述のシールドアドレス同士のトランザクション内容の整合性を証明し、承認者は証明鍵を利用してその証明の真偽を判断しています。

◯ ビューイング・キー
Zcashでは、万一犯罪などに利用された場合には、ビューイング・キーで第三者に取引を選択的に開示することができます。
例えば、特定の企業や人物だけに取引内容を見せたい場合この機能を使えば一般公開せずにシェアすることができます。
ミキシング機能を使ってしまっている他の匿名性通貨ではできないことです。

Zcashは、匿名性通貨に対するマネーロンダリング助長を懸念する多くの意見に対して、「誰にでも使われているメールやインターネットも悪用し、犯罪を起こすことは出来ます。」として、あくまで良い人達が便利になることを目指しています。

◯ 半減期
Zcashは、4年(84万ブロック)ごとにZECの新規発行量を半減させます。
現在のマイニング報酬(新規発行量)は12.5ZECですが、2020年には6.25ZEC、2024年には3.125ZEC、2028年には1.5625ZECとなりますので、インフレを抑止します。

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の将来性は?

【ジーキャッシュ・ZEC】リアルタイム価格

Zcashの今後の開発予定は、
Saplingネットワークアップグレード
ペイメントディスクロージャー導入
ペイメントオフロード導入
クロスチェーンアトミックトランザクション(XCAT)導入
ユーザーイシュートークン導入
ライトニングネットワーク導入
としています。

Zcashは匿名性が高い仮想通貨の為に、残念ながら日本の取引所では取り扱われませんが、世界的にはやはり人気があります。既に提携済みのJPモルガンをはじめ、Zcashのプライバシーを守る技術は様々な業界から注目されています。
公式TwitterでZcashの最新動向をチェックするといいでしょう。

Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)が買える取引所は?

ジーキャッシュ・ZECは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでジーキャッシュ・ZECを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る