コインインフォメーション

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)の特徴と購入できる取引所

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)の特徴

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)は、通貨単位がZENで記され、2017年5月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2100万枚です。

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)は、Zclassic(Zcashからのフォーク)からフォークした匿名性仮想通貨で、分散型、プライバシー保護、信頼性を備えたコミュニケーション、トランザクション、パブリッシングを目指しているプラットフォームです。

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Zenchat
Zenchatは、匿名でやり取りができる安全なメッセージアプリケーションです。
Zenchatでは、ブロックチェーン上に格納されてデータの漏洩を防ぎ、安全な通信のためのアルゴリズムで暗号化されますので、第三者に見られることなく匿名性を保つことができます。1対1はもちろん1対多数でのプライベートなコミュニケーションの場を提供し、安心してメッセージのやり取りができます。
単体でもZenchatをウォレットに組み込んでの利用もできます。

◯ ZenHide
ZenHideは、トランザクションやコミュニケーションへ使われることを想定して、世界規模でのプライベートで安全な接続ができる分散型のネットワークの基礎を形成していますので、万全に暗号化されたコミュニケーションとハッキングされ難いネットワークを構築しています。
Zcashのzk-SNARKsを利用してトランザクションは保護されています。

◯ ZenPub
ZenPubは、Inter Planetary File Systemというシステムを利用して、匿名のままデータや文書、メディアを公表できる機能です。匿名ですので個人が報復などの心配をせずに自由に発信することができます。

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)の将来性は?

【ゼンキャッシュ・ZEN】リアルタイム価格

ZenCashは今年2018年6月に、51%攻撃を受けてしまい、6000万円相当以上のZENが奪われました。

ZenCashのロードマップによりますと、今年2018年に、
開発チームの強化
他の取引所への上場
DAO Treasuryとスケーラビリティのための研究開発
Hardware Wallet 導入
GUIでのVotingシステムを提案
オープンバザールで使用可能にする
iOSアプリをリリース
ドメインを設置
DAO TreasuryをPoC(Proof-of-Consept)に移行
DAO TreasuryのVotingシステムのプロトコルレベルを調整
セキュアノードのシステムにブロックチェーンプロトコルの研究を組み込む
プロトタイプソフトウェアのスケーラビリティ研究
としています。

ZenCashは4月に、ニューヨークに本拠を置く投資企業Digital Currency Groupから同社の暗号通貨の「確信リスト」に追加されるなど、認められつつあるようです。

ZenCashの最新動向は、公式Twitterや日本語版公式Twitterでチェックするといいでしょう。

ZenCash(ゼンキャッシュ・ZEN)が買える取引所は?

ゼンキャッシュ・ZENは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでゼンキャッシュ・ZENを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る